エクオールとキレイのために☆フルソイがイイ感じ

フルソイ

自前のエクオール産生菌に働いてもらおうと、納豆生活をはじめた管理人です。

腸内細菌がエクオールを作るには材料が必要なので、あらためてイソフラボンに注目しました。

嬉しいことに、エクオールに変化する前のイソフラボンには様々な効用があるようです。

 

イソフラボンとエクオール、両方の恩恵をうけたいです。

 

エクオールのためにはダイゼイン

イソフラボンの代謝

 

エクオール産生菌に働いてもらうために大事なポイントが2つあります。

  1. 腸内環境を整える
  2. エクオールのもとになるイソフラボン(ダイゼイン)をとる

 

納豆なら、納豆菌で腸内環境を整えながら大豆もとれて一石二鳥…と思いたいですが、実はそうではありません。

納豆に含まれるイソフラボンは、一般的なイソフラボン(グリコシド型)なので、そのままでは吸収されないのです。

分解され、糖が外れてアグリコン型にならないと吸収されません。

吸収率も吸収スピードも低いので、イソフラボンを納豆で補給するのは効率が悪いです。


イソフラボンをとるならアグリコン型のものを選びましょう。

 

アグリコン型イソフラボンは、吸収率も吸収スピードも高く、スムーズに身体に取り込まれます。

 

アグリコン型イソフラボンには3種類あります。

  • ダイゼイン
  • ゲニステイン
  • グリシテイン

このうち、ダイゼインが代謝されてエクオールになります。

 

納豆とは別に、アグリコン型のイソフラボンを取り入れるのがエクオールへの近道です。

 

麹菌で発酵させた大豆胚芽がよい

アグリコン型イソフラボン

アグリコン型のイソフラボンをとれる食品は、味噌や醤油など麹菌で発酵させたものです。

たくさん食べるのは塩分が気になりますね。

 

朝昼晩の三食とも和食で味噌汁…は、今どきの食生活では難しいです。

 

味噌や醤油は大豆を丸ごと使っていますが、エクオールのもとになるダイゼインは大豆の胚芽に多く含まれています。

ダイゼインの割合は、丸大豆だと約40%だけど、大豆胚芽では約70%なのです。

効率よくダイゼインをとるには、麹菌で発酵させた大豆胚芽が一番です。

 

エクエルも大豆胚芽が原材料です。

 

ただしエクエルの場合、ダイゼインはエクオールに変化したあとです。

なので、自前のエクオール産生菌が使えるダイゼインはほとんど残っていません。

 

エクオール産生菌を育てるためにダイゼインをとるならば、それに適したサプリメントを選びましょう。

エクオールのもとになるイソフラボンはどれでも良いわけではないので、サプリメント選びは大事です。

 

イイ感じのサプリメントを見つけました。

 

製薬会社のサプリメント「フルソイ」

フルソイ

サプリメントを選ぶときに、信頼できるかどうかは大事です。

製薬会社のサプリメントで、麹菌発酵イソフラボンのものを見つけました。

フィブロ製薬「FULL SOY」

フルソイは100%大豆胚芽由来のアグリコン型イソフラボンなので、エクオールのもとになる「ダイゼイン」がたっぷり入っています。

ダイゼインにはエクオールになる以外にも特徴があります。

ダイゼインの特徴

フルソイに添付の小冊子より

 

ダイゼインを補給しつつ腸内環境を整えれば、エクオール産生菌が働いてくれるかも。

 

エクオール+キレイ成分

更年期にエクオールは基本だけど、いきいきキレイを目指すならエクオールだけでは足りないと思います。

やっぱりコラーゲンやプラセンタなども積極的にとりたいですね。

だけど、エクオールのサプリメントはシンプルなものが多いです。

だから管理人は、エクオールの他にコラーゲンサプリやすっぽんサプリも取り入れています。

 

あれこれ飲むので、お財布がピンチです。

 

フルソイにはエクオールのもとになるアグリコン型イソフラボンの他に、更年期女性に嬉しい美容成分がプラスされています。

  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • コエンザイムQ10

 

フルソイ&納豆でエクオールが作れれば、サプリの数が減るのでお財布に優しいですね。

 

エクオールサプリメントの落とし穴

エクオール

管理人が今まで試してきたエクオールサプリメントには、エクオールの材料はほとんど含まれていないことに今さら気づきました。

なぜなら、ダイゼインがすでにエクオールに変化した後だからです。

 

普段の食事でとる大豆製品は、味噌・醤油以外は吸収されにくく、エクオールまでの道のりは遠いです。

エクエルなどエクオールサプリの説明には、次のように書かれています。

  • 安定してエクオールを作れる人は少ない
  • 作れていた人が作れなくなる場合もある

 

だから、エクオールを飲みましょう…ということですね。

確かにそれは正しいし、更年期の嵐で辛い時期には本当に助けられました。

でも、エクオールのサプリメントをいくら続けても、自前のエクオール産生菌は仕事をしないままでした。

フルソイでエクオール産生菌をサポート

フルソイ

ということで、自前のエクオール産生菌に仕事してもらうためにフルソイを飲み始めました。

フルソイ&納豆、そして野菜もしっかり食べて「エクオールを作れる人」を目指します。

 

今のところ良い感じで、手応えありだと思っています。

 

フルソイは1日1カプセルで飲みやすいので、何か更年期対策を始めたい方にもおすすめですよ。

フルソイの詳細は公式サイトで確認してください↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください