【性交痛対策】スムーズな夫婦生活に《潤滑ゼリー》のオススメは?

 ※ 妊娠したい方はこちら ⇒ 妊活には専用の潤滑ゼリーを

性交痛対策にオススメの潤滑ゼリー、ローション

性交痛が原因でセックスレスになるケースが増えています。

性交痛には、潤滑ゼリーやローションを使いましょう。

痛いのを我慢しなくていいんです。

更年期~閉経後の管理人はエクオールを継続していて潤い復活を実感していますが、潤滑ゼリーも使用しています。

「痛くなるかも」「濡れないかも」

そんな心配から解放されて、気軽に夫婦の時間を楽しめるようになりました。

痛みを我慢しないで、恥ずかしがらずにゼリーやローションをどんどん活用しましょう。

身体の中から対策するならエクオールがオススメです。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

積極的に性交痛対策しよう

女性のデリケートゾーン

女性はデリケートですから、ストレスや心の状態で、セックス時に濡れにくいことは珍しくありません。

さらに、女性ホルモンが減少する40代ごろからは膣の潤いが低下し、気持ちに関係なく濡れにくくなります。

セックスで痛みを感じる更年期の女性は5~6割もいるのです。

性交痛は、セックスの時に痛いだけでなく、出血したり、排尿時の痛みがしばらく続く場合もあります。

性交痛を我慢していたり、痛くて出来ないorしたくない、そんな悩みはとても多いのです。

潤滑ゼリーやローションを使って、再び夫婦の時間を楽しみたい。

今まではオット任せにしていたローション選びですが、潤いが足りなくて痛い思いをするのは女性の側です。

実際、まだエクオールを知らなかった頃、ローションが途中で乾いて痛くて困ったことがありました。

(でも痛いからやめてと言えず我慢しました。泣)

ローションだって、自分が使うものなんだから自分で選ぼうと思います。

色々調べたり、実際に試してみて、オススメのローション、そうでないものを紹介します。

<潤滑ゼリーの基本>

 

潤滑ゼリーは大まかに分けて、次の3種類があります。

 

  • ウォーターベース
  • シリコンベース
  • オイルベース

 

初めて使うには、扱いやすく、洗い流す必要がないウォーターベースがオススメです。

 

ただ、ウォーターベースには乾きやすいものもあるので、ヒアルロン酸など保湿成分配合のものを選びましょう。

 

それでも痛みが強い場合には、シリコンベースを併用するのも良いでしょう。

オカモトのふんわりムース

 

ヒアルロン酸配合のウォーターベースです。

ふんわりムースの説明

潤滑ゼリー ムースタイプ箱書き

「潤滑ゼリー ムースタイプ」って、ゼリーなのかムースなのかどっちやねん!?ですが、名前のとおりムースでゼリーな感じです。

「女性の自然な分泌液に限りなく近い潤滑ゼリー」と書いてあります。

医師が監修したものなので安心ですね。

ボトルの外観は普通にムースのボトルです。

潤滑ゼリー ムースタイプ本体

小ぶりでベッドサイドの引き出しやポーチに収まりやすいサイズです。

使用前にはボトルを振りません。振らないようにと書いてあります。

ボトルを立てた状態でプッシュします。

潤滑ゼリー ムースタイプ

とろんと出てきた濃密なムースです。

指先を少し擦りあわせたら…すぐに透明になりました。

実際に使用した感想

この糸を引く感じ、他の水溶性ゼリーとは違いますね。

確かに「限りなく近い」ですね。

臭いはなく、味も仄かに甘い?くらいで、無味無臭です。

ひんやり感もあまり気になりません。

ボトルをプッシュするだけなので、手間がかからず使いやすいです。

よくある水溶性のローションに比べて乾きにくいと思います。

多めに使うと、とてもスムーズです。

使用後は白く泡立つ感じがするのと少しベタつくのが気になりますが、簡単に洗い流せますし、ウェットティッシュで拭き取れば済む程度です。

手についた感じはサラッとしていて、べたつかないのが良いです。

実際の使用時には、ワンプッシュで手軽なので雰囲気を壊さず、手を汚さずに使え、使用感もスムーズです。

オーガニック潤滑ローション

ナチュラル派の方にオススメです。

昆布など植物由来の成分配合の、ちょっと他とは違うローションです。

オーガニックピュアローションの説明

オーガニックで安心、安全なローションです。

ウォーターベースです。

植物由来の保湿成分を配合しています。

サラッとしていてベトつきません。

無味無臭の定番ローションの他に

  • ローズ、ジャスミンなどの香りつき
  • ピーチシュガー、グレープシュガーなど美味しいローション
  • 優しくホットに刺激するセクシャルローション

このように多数のラインナップがあります。

乾いたあとはサラサラで気持ちがよいと評判です。

使用後は植物の保湿成分でお肌がしっとりです。

ラブローションとしてだけでなく、全身の潤いケアにも使えます。

無味無臭のビギナー向けから、甘いもの、ハーブ配合で魅惑の香りがするものなど、オーガニックで安全なローションが多数あります。

ナチュラル派の方、いつもと違うラブタイムを過ごしたい時にもオススメです。

ウェットトラストゴールド

ウェットトラストゴールド

ウォーターベースで、天然の保湿成分をたっぷり配合しています。

ウェットトラストゴールドの説明

アプリケータータイプのゼリーです。

婦人科医と共同開発したデリケートゾーン用ケアゼリーなので、

  • オリモノが気になる
  • ニオイが気になる
  • 乾燥や痒みが気になる

そんなトラブルのサポートとして使えますが、潤滑剤としても使えます。

他の塗るタイプと違い、奥に注入できるのが特徴です。

画像のように適度な粘度があります。

奥に注入すると後からじんわり、手前だとすぐに濡れてくるのが実感できるので、時間をコントロールしやすいです。

中の方がヒリヒリするような場合、奥まで注入できて潤いを与えられるので良いと思います。

自前の潤いがかなり不足していてローションが途中で乾いてしまうような場合には、たっぷりと奥に注入できるこのタイプが良いでしょう。

奥に入れて、入り口付近にも塗るのがオススメです。

パートナーに知られずに対策したい場合にも、このようなアプリケーターに入ったタイプはオススメです。

ウェットトラストゴールドの購入はこちら

リューブゼリー

リューブゼリー うるおい 55g

リューブゼリーの説明

定番中の定番、産婦人科の病院でも処方される安心の潤滑ゼリー。

ウォーターベースです。

乾きにくいけれどヌルヌルせず、ベタつかず無味無臭です。

水溶性で、水・ぬるま湯でカンタンに洗い流せます。

55g入りがワンタッチオープン容器になり使いやすくなりました。

他のラインナップは

ワンタッチオープンタイプ(110g)


2倍の110g入っています。

55gと同様に、片手で開閉できるワンタッチキャップです。

たっぷり使いたい方に。

デリケートイン

一回使いきりワンプッシュ容器。

1本に1回分が入っている使いきりタイプです。

先端に4つの穴があいていて、そこから均等にゼリーが出ます。

事前に知られずに塗布したいという女性の要望から生まれました。

行為の前に準備(注入)すれば、パートナーに知られずに対策できます。

コンパクトで携帯にも便利です。

分包

一回使いきりタイプ

使いきりなので衛生的で、携帯にも便利です。

エクセレント

ヒアルロン酸Na、マリンコラーゲン配合で理想のうるおいが持続します。

ホット

トロッと温感タイプです。

ホットといっても、熱いわけではありません。

ほのかに暖かい程度です。

ゼリーの冷たさが苦手な方にオススメです。

無色無臭ですが、味は苦みがあります。

このように多彩なラインナップがあります。

どれが良いか迷ったら、まずこれを試してみるのが無難かもしれません。

価格も安いので、買いやすいと思います。

ピュアプレミアムローション

ピュアプレミアムローション

管理人が一番よく使っているのが、こちらのシリコンベースのものです。

ドイツ製で、かなりの優れものです。オススメです。

ウォーターベースのゼリー、ローションとは全く違ったテクスチャーです。

実際に使用した感想

ピュアプレミアムローション

とろみがあるけど、サラッとツルンとしていて、全く糸を引きません。

だけど少量で十分なスムーズさを得られます。

少量なのでひんやり感は気になりません。

後始末が楽なのがこのローションの良いところです。

まるでフッ素コートのフライパンで生卵が滑る時のように、スルッと後始末できるので最初はビックリしました。

だけど自前の潤いがカラカラの場合には、他のローションを併用した方が、より自然な感じで良いと思います。

「限りなく近い」感じと「拭き取りやすさ」の両方を求めるなら、下地にピュアプレミアムローションを塗り、ふんわりムースを重ね付けするとgoodです。

シリコンなのでスルッと拭き取れて、事後の始末がカンタンです。

洗い流す必要がないくらいベタつかず、サラサラで良いですよ。

ピュアプレミアムローション(Pjur PREMIUM Glide)の購入はこちら

ハニードロップス

ハニードロップス クールミント 150ml

ハニードロップのレビュー

150mlとなると、ボトルが大きく感じます。

ラブホテルによく置いてあることで有名なローションだそうです。

ノーマルタイプもあるけれど、何故かオットがクールミントを買いました。

マリンコラーゲン配合で良さそうに思ったのかな?

ちなみにノーマルタイプはハチミツ配合です。

ハニードロップ

トロトロで粘性があり、糸引き具合は太めです。

たっぷり使ってボディマッサージに使うと気持ちよさそうです。

自宅だと、どこで使うんだ?あちこちベタベタになるよね?

実際に使用した感想

実際に使ってみて…本当にヒドイ目にあいました。

このタイプは乾きやすいので、たっぷり使う必要があります。

なのでベタベタします。

そして、この「クールミント」が最悪でした。

からだの中がスース―冷たくて寒い。

氷の棒が入ってきているみたいに冷たいのです。

氷プレイとか好きな方なら良いかもしれませんが、アラフィフには寒すぎました。

そして最悪なことに痛い。

ローションが乾いたせいか、冷たくて自前の潤いがストップしたせいかわかりませんが、本当に痛くて困りました。

これは二度と使いません。

でも、真夏にマッサージに使う分には涼しくて良いかもしれませんね。

性交痛予防に使う潤滑ゼリー・ローションは、あまり冒険せずに優しい成分のものを使いましょう。

刺激の強いものは痛さ倍増でNGです。

潤滑ゼリー・ローションの使い方

一度痛い思いをすると、また痛いのでは?と身構えてしまいます。

そうすると、緊張する→潤わない→痛い→無理or拒否…ということに。

ゼリー・ローションをたっぷり使って、痛くない経験をしましょう。

潤滑ゼリーには、特に使い方というほどのものはありません。

男性側、女性側のどちらでも、必要な部分に適量を塗るだけです。

もしも途中で乾いてきたら、追加で塗るとよいでしょう。

その場合は、プッシュタイプが便利です。

使用前には手を清潔にしましょう。

たいていの製品は、使用後に洗い流す必要はありません。

エクオールを飲んでほしい理由

エクオールで元気いっぱいのイメージ

潤滑ゼリーで夫婦生活がスムーズになっても、更年期に何もしないでいると膣壁は薄くなっていきます。

女性ホルモンが出なくなって潤いが減り、膣が乾燥して薄くなるのです。

更年期・閉経後の女性には萎縮性膣炎のリスクが常にあると思ってください。

膣壁を良い状態で維持するためには、女性ホルモンが必要です。

エクオールは女性ホルモンに似た働きをするのです。

実際に、管理人は1日10㎎のエクオールサプリメントを続けていて、潤いを実感しています。

1カ月続けた頃には、オットから

「最近、ローション要らないんじゃない?って感じだね」

と言われるようになりました。

円満な夫婦生活のために、自分自身の健康のために、エクオールをオススメします。

ついでに目じりのシワが改善されたり、美容効果も期待できますよ。

悩んでいるなら、エクオールを1~2ヶ月試してみてください。

きっと手放せなくなりますよ。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください