ノドに何か詰まってる感じがする。これって更年期?

 

喉が苦しい女性

喉に何かが引っかかってるような、詰まっているような違和感を感じるけれど、調べても何も原因が見つからないことがあります。

これは「咽喉頭異常感症(別名:ヒステリー球)」という神経症の一つで、更年期の女性に多く見られます。

更年期女性が訴えるノドの違和感

更年期の女性が訴える「喉の違和感」は次のようなものです。

  • のどに何かが詰まっている
  • のどに何かがひっかかっている
  • のどに塊りがある
  • のどが塞がる
  • のどの奥が腫れている
  • のどがイガイガする
  • 胸がつかえる

 

もちろん本当に喉に異常が見つかることや、他の場所の病気が原因のこともありますが、調べても何も異常がなく違和感だけがあるケースも多いのです。

病気以外の原因としては、精神的な不安や緊張ストレスなどがあげられています。

更年期には、女性ホルモンが減少することで自律神経のバランスが崩れます。

この「自律神経の乱れ」も咽喉頭異常感症の原因になるので、更年期の女性に喉の違和感を訴える人が多いのでしょう。

どの科を受診すればよいの?

更年期の自律神経の乱れから喉の違和感が起こるケースは多いです。

まずは、心配せずに気楽に過ごしてみましょう。

それでも治まらない場合は、更年期だと決めつけず、必ず病院へ行きましょう。

 

喉の異常は、まず耳鼻咽喉科を受診します。

喉以外の場所が原因でノドに違和感が出る場合がありますが、まずは耳鼻咽喉科に行くのが正解です。

耳鼻咽喉科では、喉の症状から様々な病気を鑑別して診断していただけます。

病院に行ったらどんな検査をするの?

問診

耳鼻科では問診により診断が絞られることが少なくないそうです。

どんな症状がいつからあるか。

今までかかった病気は?

診察室では緊張して上手く話せなかったり、言い忘れもあるので、症状の経過などをメモしていくのも良いでしょう。

視診

ファイバースコープ(内視鏡)を使って、喉の奥を診てもらえます。

触診

見るだけでなく、手で触れて診察します。

各種検査

血液検査:アレルギー、炎症、甲状腺機能などをチェックします

超音波検査:甲状腺、頸部に異常がないか調べます

MRI・CT:頸の深い場所を調べます

胃カメラ:食道~胃を調べます

心理テスト

診断的治療

実際に治療を行って、症状の変化をみます。その結果で診断が確定していきます。

 

病院に行って何も異常がみつからなかったら、安心して「更年期だ」と開き直ってください。

あまり気にせず、安心することが喉の違和感解消に大事です。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください