尿もれ、頻尿、急に強い尿意が!これって更年期?

水滴

 

更年期の女性を悩ませる「尿トラブル」。

実は、更年期女性の3人に1人が「尿もれ」を自覚しているそうです。

他人事ではありませんね。

管理人も「ヤバい!」とトイレに駆け込んだことが何度もあります。

閉経を迎え、生理用品とおさらばしたと思ったら、尿漏れパッドさんこんにちは?これはイヤだ。

尿もれ対策について真面目に調べました。

 

 

尿もれのタイプ

尿もれ

腹圧性尿失禁

お腹に力がかかった時に起こるタイプの尿もれです。

咳やくしゃみをした拍子に、重いものを持つなど、不意にお腹に力がはいった時に下着が濡れる。

こんな経験のある方は多いです。

ひどくなると、階段の上り下り程度のことでも漏れるとか。

過活動膀胱

膀胱に少量の尿がたまっただけで膀胱が刺激され、トイレに行きたくなります。

頻尿

しょっちゅうトイレに行きたくなる尿トラブルです。

昼間に8回以上、夜間に2回以上トイレに行くようなら頻尿だと思ってください。

尿意切迫感

急にがまん出来ないような強い尿意を感じます。


管理人は過活動膀胱の「頻尿」「尿意切迫感」に当てはまりました。

くしゃみをしたらチョビっと…も経験あります。

切迫性尿失禁

急に強い尿意を感じ、トイレに駆け込んでも間に合わずに漏らしてしまうのが切迫性尿失禁です。

40歳以上の女性の10人に1人が週に1回以上、切迫性尿失禁を起こしているそうです。

本当に他人事ではありませんね。

尿もれの原因

尿もれの主な原因は、子宮や膀胱を支えている骨盤底筋の緩みです。

骨盤底筋は妊娠・出産でダメージを受けますが、さらに加齢や肥満によっても緩むそうです。

「過活動膀胱」は骨盤底筋の衰えにくわえて、自律神経のバランスの乱れも原因になると言われています。

更年期は女性ホルモンの減少が自律神経のバランスに影響し、乱れを起こします。

その自律神経の乱れにより、膀胱が過剰に緊張し収縮すると考えられています。

 

おかげさまで、最近はトイレに駆け込むことはありませんが、管理人を悩ませた「尿意切迫感」は更年期の症状ともいえますね。

尿もれ対策

骨盤底筋体操

女性の尿もれ対策として、最初にすべきことは骨盤底筋体操(ケーゲル体操)です。

肛門と膣をゆっくり締めて5~10数えてから力を抜き、また締めなおす。

これを繰り返すだけです。

効果が出るのに3カ月ほど掛かるとも言われますが、慣れればいつでもどこでも出来るので気長に続けましょう。

骨盤底筋体操のやり方は、↓↓こちらの動画がわかりやすいです。

尿もれパッドを活用

骨盤底筋体操の効果がでるのは時間がかかります。

その間は、尿もれパッドを活用して乗り切りましょう。

うちの近くのドラッグストアでは、介護用品コーナーと生理用品コーナーの2カ所に置いてあります。

ライフリーなど大人用オムツ系のものは介護用品、チャームナップなどは生理用品コーナーです。

ドラッグストアで買うのが恥ずかしい場合は、ネット通販が便利です。

価格も、うちの近所のドラッグストアよりamazonの方がかなり安いです。

 

↓↓こちらのサイズだと、「あ、ああ~」という感じで漏れた場合でもしっかり吸収してくれます。

 

↓↓ちょびっと漏れならこちらで十分です。

 

↓↓こちらのシリーズは単価が少し安く種類も豊富です。
80ccだと結構な安心感があります。

 

サプリメントを利用する

  • 病院にいくほどではない?
  • 誰かに知られるのはちょっと恥ずかしい…
  • でも、もっと積極的に対策したい

そんな時はサプリメントを活用しましょう。

女性の尿もれの特化したサプリメントがあります。

管理人のおすすめはこちら>>ナチュラエース

「なんども行きたくなる」

「急に行きたくなる」

という悩みに、イソサミジンやカボチャ種子エキスで対策するサプリです。

1日1回、2粒飲むだけで安心が手に入るのだったら試す価値ありですよね。

尿もれにエクオールは効果ある?

これは管理人の個人的な感想なのですが、エクオールを継続しているうちに、いつの間にか尿トラブルがマシになったように思います。

もしかして、エクオールが尿もれに効果あるのか?と思い色々調べてみたのですが、残念ながらそのような文献は見当たりませんでした。

しかし、更年期の自律神経の乱れにより「過活動膀胱」が起こるのですから、エクオールを続けて更年期のゆらぎが落ち着いてきたら、良い影響があっても不思議じゃないですね。

 

いつまでも若々しく健康に過ごすために、女性ホルモンは本当に大事ですよ。

女性ホルモン不足への対策としてエクオールを積極的に摂りましょう。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください