これって更年期?更年期障害の症状はこんなに色々。

アラフォー・アラフィフの皆さん、体調はどうですか?

若いころと比べてあちここちらに不調を感じている方も多いと思いますが、これが更年期というものです。

更年期には本当に様々な症状が出て来ます。

更年期の不定愁訴と言いますが、人によっては日替わりで症状が現れることもあるんですよ。

 

もちろん他の病気が隠れている可能性もありますので、特に心配な症状があれば病院へ行きましょう。

病院へ行っても異常が見つからない場合、更年期障害だった…ということも珍しくありません。


更年期だと決めつけて病気を見落とすのは怖いので、心配だったら必ず受診しましょう。

更年期障害の症状

のぼせ・ほてり

どっと汗がでる

顔が紅くなる

不安になる・イライラする

神経が過敏になる

気分が落ち込む

やる気が起きない

耳鳴り・めまい・フワフワ感

よく眠れない

肩こり・関節痛・腰痛 筋肉痛

動悸・息切れ・息苦しい

頭痛・頭重

胃がムカムカする

食欲がない

高血圧・低血圧

皮膚のかゆみ・湿疹

目・鼻・のど・口のかわき

冷え

冷や汗・悪寒

高脂血症(高コレステロール)

太りやすい

その他の症状


びっくりするくらい色々ありますが、どれも更年期におこりやすい症状なのです。

更年期に色々な症状が起きる原因

更年期には卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減ります。

女性ホルモンが減って月経不順になるのはわかるけど、どうしてこんなに色々な症状が起きるのでしょう。

それは、女性ホルモンの分泌には卵巣だけでなく、脳の視床下部や下垂体が関わっているからなのです。

ざっくりした説明ですが、

ホルモンを出せと脳から指令が行く

卵巣からホルモンが出る

ホルモンが出たと脳にフィードバックされる

こういう仕組み(視床下部下垂体性腺軸)があるのです。

卵巣が衰えて女性ホルモンが出ないとフィードバックが返ってこないので、脳(視床下部、下垂体)のあたりで混乱が起きます。

このすぐ近くに自律神経系が走っているのですが、そちらにまで混乱が伝わり、自律神経の不調が起きるのです。

そのために、更年期には色々な症状が起きてきます。

 

では、この混乱を鎮めるにはどうすればよいか?

原因は女性ホルモン(エストロゲン)が出ないことですから、エストロゲンを補充すればよいのです。

ホルモン補充療法もありますが、エストロゲンと似た構造をしているエクオールがよい働きをしてくれます。

 

他にも、エストロゲンは、血管の健康や、骨代謝・脂質代謝で重要な働きをしています。

エストロゲンは本当に大事です。

 

エストロゲンの減少だけでなく、夫婦関係、親の介護、子どもの独立など更年期女性を取り巻く環境も更年期の症状に影響しています。

女性にとって更年期はたいへんな時期なのです。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください