霞がかかったみたい、目が開かない感じ…これって更年期?

目を細めている犬

うまく表現できないけれど

  • 頭に霞がかかったみたいにスッキリしない
  • 目を開けるのも億劫
  • 何だかどんよりする

こんなモヤモヤ感を抱えるアラフォー・アラフィフ世代の女性は多いようです。

これって、更年期に関係するのでしょうか?

 

 

嵐のような更年期症状

嵐

わたしの母はガンの手術ために、40代で両側の卵巣を失いました。

若い時期に急に卵巣を取ってしまったため、激しい更年期症状に苦しみました。

イライラがすごく、明るい母がまるで別人のようになってしまい、家庭内に嵐が吹き荒れました。

更年期障害に対する理解があまりない時代でしたから、母自身も家族も大変でした。

その後、大きな病院でホルモン補充をしていただけるようになり、母は以前の様子に戻っていきました。

理解されない「目が開かない感じ」

母が受けたホルモン補充療法は注射によるものでした。

デポ剤といって、1度注射すると1週間程度、女性ホルモンの血中濃度が一定に保たれるものです。

それを4週間ごとに注射してもらうのですが、3週間目を過ぎたあたりから母は訴えていました。

「目が開かない」

「どんより曇った感じがする」

ところが女性ホルモンを注射してもらうと、

「シャキーン!って、目が開いたわ」

そうして、通院後しばらくは元気溌剌なのです。

そして徐々にどんよりと落ちていき、通院すると元気になる。

ずっとこの繰り返しでした。

更年期になり体験した「目が開かない」感じ

当時は、母の辛さが理解できなくて、目が開かないって??なにそれ?と思ったものです。

ところが、いざ自分が更年期になって、身に染みてわかりました。

これか…この感じか…。

  • モヤモヤと霞がかかったみたいにスッキリしない。
  • 寝て起きてもスッキリしない。
  • 視界に1枚ヴェールがかかったみたい。
  • 1日中どんよりしている感じ。

最近は、更年期をモヤモヤ期と呼ぶようですが、本当に絶妙な表現だと思います。

まさしくモヤモヤ期です。

母はホルモン補充の注射を受けて、スッキリと霧が晴れていたのですね。

モヤモヤ対策にはエクオール

更年期まっただ中の皆さん、毎日がんばってますね。

ホルモン補充療法を受ければ、シャキーンとするのかな?と思います。

でもホルモン補充療法は受けたくない。

そんな時にはエクオールです。

管理人はエクオールを続けていて、気が付けばモヤモヤ感のことを忘れていました。

母が受けていたホルモン注射のように劇的なビフォーアフターではありませんが、なかなか良い感じです。

身体に力が戻って、家事も仕事もやる気が出てきたように思います。

なんだかスッキリしない毎日を過ごしているアラフォー・アラフィフ更年期世代の皆さん、エクオールのサプリメントを試してみることを心からおすすめします。

※人気No.1

↓↓管理人がずっと続けているエクオール
エクオール+ラクトビオン酸 

更年期は色々な不調が出やすい年齢でもあります。

甲状腺や瞼の異常など、更年期以外の原因があるかも知れません。

サプリメントを過信せず、必要に応じて医師の診察を受けましょう。

女性外来などで総合的に話を聞いて、適切な科を紹介していただける病院もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください